タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

健康診断してますか?

コンクリートの耐久年数が60年~65年と言われている現在、メンテナンスの良否が建物の寿命を左右する大きな要因になります。メンテナンスを怠ると建物の劣化は加速度的に進み大切な資産がどんどん低下していきます。メンテナンスの中には建物外装、設備など多岐に渡り、防水改修もその一部に含まれます。
建物を長持ちさせるには、大きく3つのポイントがあります1つめは基礎・構造、2つめは間取り、3つめはメンテナンスです。 この内メンテナンスは皆様で、簡単にできることです。
項目を追加
★年に1回程度、防水層の表面に異常(亀裂やふくれなど)がないかを点検する。
★年2回程度、ドレイン周りの点検・清掃をおこなう
⇒ゴミが詰まると植物が生えやすくなったり、水溜まりや雨漏りの原因になることがあります。
★植物の生育状況の確認
⇒植物の根は、防水層を貫通していることがあり、むやみに抜くと雨漏りが発生することもあります。
また、初めに長期修繕計画を立て、全体の修繕サイクル・コストなどを考慮し、取り組む必要があります。集合住宅の大規模修繕工事は一般に12~15年と言われていますが、環境によって著しく劣化が進行している場合もあります。長期修繕計画を立て、全体の修繕サイクル・コストなどを考慮し、取り組む必要があります。防水層の機能が完全に喪失してからの修繕は、工事が大がかりになり、思わぬ費用や時間がかかります。
また、初めに長期修繕計画を立て、全体の修繕サイクル・コストなどを考慮し、取り組む必要があります。
集合住宅の大規模修繕工事は一般に12~15年と言われていますが、環境によって著しく劣化が進行している場合もあります。
長期修繕計画を立て、全体の修繕サイクル・コストなどを考慮し、取り組む必要があります。
防水層の機能が完全に喪失してからの修繕は、工事が大がかりになり、思わぬ費用や時間がかかります。

資格を持ったプロが無料でお見積りいたします。

「建築仕上診断技術者」(ビルディングドクター【非構造】)とは、外壁を中心とした建築仕上げ診断を実施するのに必要とされる一定以上の知識と技能を有する診断技術者を育成することを目的として平成2年に創設されました。
その推進事業が『公益社団法人ロングライフビル推進協会(BELCA)』に一任され講習会を開催して資格認定を行っています。

ベルカ認定の資格

「建築仕上診断技術者」(ビルディングドクター【非構造】)とは
外壁を中心とした建築仕上げ診断を実施するのに必要とされる一定以上の知識と技能を有する診断技術者を育成することを目的として平成2年に創設、その推進事業が『公益社団法人ロングライフビル推進協会(BELCA)』に一任され講習会を開催して資格認定をすることとなりました。